お風呂、寒くありませんか?ヒートショックにご注意!

投稿日:2021年11月23日 更新日:

ヒートショックとは?

ヒートショックとは、家の中で暖かいところから寒い場所へ移動した際の急激な気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることです。

家の中で最もヒートショックが起こりやすいのは浴室と言われています。

暖かい部屋から脱衣所へ(血圧上昇)

衣服を脱いで浴室へ(さらに上昇)

浴槽に入る(急に温まり、血圧が下降)

この血圧の乱高下が危険とされています。
11~2月はヒートショックの好発時期。
入浴の際は十分ご注意下さい。

ヒートショックを防ぐために出来る対策は?

①浴室と脱衣室を暖める

TOTOさんの洗面所暖房機

部屋を移動する際の温度変化を防ぐために暖房器具を設置するなどすると良いです。セラミックファンヒーターなどでも良いですが、脱衣室や洗面所全体を効率よく暖めるなら専用の壁掛け暖房機がおすすめです。

TOTOさんの浴室換気暖房乾燥機「三乾王」と洗面所暖房機をセットでお使い頂くと、換気はもちろんお洗濯ものなども乾かせてとても便利です。

タカラスタンダードさんのルームヒーターは洗面所のほか、トイレにも設置できてとても便利です。

②お風呂のお湯を熱くしすぎない

寒いとつい熱めのお湯に入りたくなるものですが、42度以上のお風呂は心臓に負担をかけてしまうため、38~40度が良いです。また、浴槽に入る前に心臓から遠い場所(手や足など)にお湯をかけて、体をゆっくりと暖かさに慣れさせるのも良いです。

③お風呂から出る時もゆっくりと

お風呂に入っている時は体が暖められて血管が弛緩し、血圧が低下しています。その状態で急に動いたりすると、めまいや失神が発生することがあります。お風呂から出る時は意識してゆっくりと。

リフォームでお風呂をあんしん・あんぜんに

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 629d07981b004f19b13813b08e4e4f73-768x1024.jpg

現在のユニットバスはどれも保温性に優れており、床も冷たくなく柔らかいものがお選び頂けます。

まだまだ寒さは続きます。この機会に是非ミキヤホームズでお風呂リフォームをご検討下さい!

訪問見積全て無料!お気軽にご連絡お問い合わせを!


ミキヤホームズ
横浜市西区北幸2-9-30横浜西口加藤ビル3階
TEL:0120-077-123

リフォームのお見積り・ご相談は無料です。
ぜひお気軽にミキヤホームズまでお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせも受け付けています。

       

0120-077-123

電話受付時間 10:00~18:00
定休日 日曜日・祝日

PAGE TOP